自己紹介
【初心者向け】アコギレッスンを覗いてみる👀

100名以上がこの講座で学んでアコギが上手くなってます。

詳細はこちら

【初心者向け】アコギの種類やサイズと選び方3選:結論トラベルギター

アコギの選び方 ギター

こんにちは、akiraです^^

「アコギって色々ありすぎて迷います」

・「アコギの種類やサイズってどんなのがあるのかな?」
・「アコギ初心者はどれ選べばいい?」

という疑問をお持ちではありませんか?

この記事ではアコギ選びに関するお悩みを、
音学歴20年以上の観点から解決します。

具体的には

・アコギの種類やサイズと選び方3選:結論用途によります
・アコギ初心者の悩み3選
・まとめ:アコギ初心者さんにこそトラベルギターがおすすめ!

の順番にご紹介していきます。
2分くらいで読めて、アコギの知識が劇的に改善される可能性が高いので、まずはご一読を!

アコギの種類やサイズと選び方3選:結論トラベルギター

このトピックは以下の通りです。

・トラベルギター(ミニギター)
・ドレッドノート
・カッタウェイ

ひとつひとつ解説します。

トラベルギター(ミニギター)

僕がダントツでお勧めしたいのはトラベルギター(ミニギター)です。

その中でも、ピックアップ付きが最上位。

ピックアップとは、アコギのマイクみたいな部品のこと。

これがあればアンプと線で挿したらライブができます。

トラベルギターが超絶おすすめの理由は、トラベルギターという名前の通り持ち運びが超絶楽。

例えば、ギターが重いとこんな弊害があります(した)

・練習に持ってくのがダルい
・遠征がダルい
・ライブとか練習終わると置き去りにしたくなる
etc…

トラベルギターに変えてからは上記の悩みが吹き飛びました。

ちなみに、僕のトラベルギターはエドシーランと同じリトルマーチンLX1Eです。

以下の記事では、リトルマーチンLX1Eについて徹底的にレビューしています。

エドシーランは、武道館でこのアコギ1本でライブしました。

初心者さんも、最終的には人前で演奏するかもしれません。

アンプに繋ぐことや、持ち運びを考えても、トラベルギターから入るのはありです。

ドレッドノート


上記の写真のようなアコギは一番一般的かもしれません。

ドレッドノートはいわゆる一般的なアコギのサイズです。

最初はほとんどの方がドレッドノートから入るかもしれません。

理由は、みんな使ってるからです。

しかし、僕は後々のことを考えたら初心者にこそトラベルギター(ミニギター)をお勧めしてます。

詳しい理由は後ほど解説します。

ドレッドノートは、楽器屋さんの店頭に並んでます。

ちなみに楽器屋さんでは試奏と言って試し弾きさせてくれることをご存知ですか?

え?弾けません。という場合、店員さんに頼めば音の聞き比べもさせてもらえます。

それに、ドレッドノートの大きさを確かめるためにも、抱えるだけでもいいです。

・・・多分、店員さんもドレッドノートを進めてくるかもしれません。

カッタウェイ


カッタウェイとは上記の画像のような形です。

ボディの片方が三日月みたいにくり抜かれてるギターをカッタウェイといいます。

くり抜いてる理由は、高い音(フレット)まで指が届くためです。

具体的には、12フレット以降の音に指が届くためだったりします。

でも、初心者さんは普通のやつでいいです。

アコギのカッタウェイが必要なくらいの演奏ができるレベルになったら買うくらいで良いかと思います。

ただ、アコギを自在に操るエドシーランでさえカッタウェイじゃないです。

ピロピロ系とか歪み系の電子音を出したい場合は、選択肢はエレキギターになります。

アコギ初心者の悩み3選

このトピックは以下の通りです。

・指板がデカすぎて指が届かない(コードが押さえられない)
・ボディがデカくて弾きにくい
・ライブのことを考えてなくてピックアップが後付けになる

ひとつひとつ解説します。

指板がデカすぎて指が届かない(コードが押さえられない)


指板とは、左手で押さえる部分なんですが、ギターによって幅が違います。

指板が分厚いと、コードが押さえにくいです。

トラベルギターやミニギターだと指板が薄くて押さえやすく、弾きやすいんです。

僕は今のギターを最初に弾いた時は素直に感動しました(笑)

そのくらい、指板の幅って大切です。

ボディがデカくて弾きにくい

見落としがちなのはボディの大きさ。

小さな女の子がドレッドノートとか頑張って弾いてると可愛いですが、やっぱ弾きにくそうです。

なぜなら、アコギって右手でリズムを刻みます。

ボディを軽くエルボーする感じで持つんですが、デカすぎると弾きにくい。

トラベルギターやミニギターはボディも薄いんですね。

でも、肝心の音はどうなの?という疑問は以下の記事でも解説しております。

ライブのことを考えてなくてピックアップが後付けになる

僕は路上ライブ上がりでして、生音にこだわってた時期がありました。

当時、ギター・歌の音がデカいやつが強いみたいな風習が路上の掟のようでした。

でも、アンプがあればつまみを回せば音量調整ができます。

それに、僕が今使ってるトラベルギターは生音も良いです。

アンプに繋いだ時の音と、生音が好みであれば、そのギターがあなたにあったギターのはず。

後々人前で演奏するかもしれない場合、アンプに繋ぐことを想定してピックアップ付きのアコギにしましょう。

まとめ:アコギ初心者さんにこそトラベルギターがおすすめ!

今回は、アコギの種類やサイズと選び方を解説しました。

・トラベルギター(ミニギター)
・ドレッドノート
・カッタウェイ

という3つをご紹介しました。
そして、ダントツでトラベルギター(ミニギター)がおすすめです。
おさらいすると、トラベルギター(ミニギター)の特徴は

・指板が薄いからコードが押さえやすい
・持ち運びに便利
・ピックアップ付きならアンプに挿せばライブもできる
・小さくても生音が良いものもある

というようなメリットがありましたね。

ドレッドノートから入っても問題はないですが、アコギは最初、漏れなく指が痛くなります。

指が痛すぎたり、手の甲が攣りそうでアコギを断念する人もたくさんいます。

そんなリスクを避けるためにも、最初からトラベルギター(ミニギター)がいいかもです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました