自己紹介
【初心者向け】アコギレッスンを覗いてみる👀

100名以上がこの講座で学んでアコギが上手くなってます。

詳細はこちら

防音室の値段は高い!約3万円で格安で出来る自作防音室とは?

防音室 値段 その他

「なんで、防音室って…そんな高いの?」

・「防音室の値段の目安を知りたい」
・「安く手に入れたり値段を下げる方法はある?」

という疑問をお持ちではありませんか?

こんにちは、akiraです^^

この記事では防音室の値段の目安を知りたいというお悩みを、防音室を約3万円で作った観点から解決します。

具体的には

・防音室の値段は高い!
・格安で出来る自作防音室とは?
・まとめ:防音室の値段を下げるなら自作防音室

の順番にご紹介していきます。

2分くらいで読めて、防音環境が劇的に改善される可能性が高いので、まずはご一読を!

音楽、映画、韓流など、最新のエンタメが31日間見放題!U-NEXT 無料体験中に退会すればお金はかかりませんので、ぜひ今のうちに試してみてください!
31日間無料!

防音室の値段は高い!


このトピックは以下の通りです。

防音室の値段
一応、レンタルもあります
簡易防音室について

ひとつひとつ解説します。

防音室の値段

2022/08/31時点 748,000円

高い…

ちなみに、YAMAHAのアビテックスという防音室は0.8畳用で、671,000円しました。

やっぱ高い。。

なぜ、防音室はこんなに高いのか?というと、使われている素材が原因です。

具体的には、遮音材、吸音材、フレームなどとにかく重たいです。

密度の高いものは音を遮断します。

有名な話で、宇多田ヒカルさんが夜歌を練習する時、布団に向かって歌うそうです。

布団は密度が高いため、防音性があります。

上記のガラスウールという防音材(住宅の防音材として使われてます)は、布団のように密度が高いです。

その、お手軽版がこちらの吸音材。

吸音材については、こちらの記事で詳しく解説しています。

一応、レンタルもあります

防音室は、一応、レンタルもあります。

しかし、レンタルはあまりお勧めしません。

理由は、結局毎月お金はかかるし、結局引っ越しで解体して持って行きたい時にもお金がかかります。

では、どうすればいいか?

簡易防音室を検討してみてはいかがでしょうか?

簡易防音室について

こちらは、組立式の簡易防音室で一番有名なだんぼっちです。

ちなみにお値段は89,800円です。

簡易というだけあって、防音性は先ほどの本格的な防音室には劣ります。

しかし、ないよりマシ的なポジションです。

簡易防音室よりもっと安い自作防音室との比較記事は以下になります。

ぜひあわせてご覧ください。

格安で出来る自作防音室とは?

最も安くて、お手軽だと思う防音対策の方法は、自作防音室です。

自作防音室とは、名前の通り、自分で作る防音室を指します。

なぜ、自作防音室なら格安でできるのか?

理由は2つあります。

1つ目は、材料費だけで済むから。
2つ目は、自分で作るからです。

要は、さっきご紹介した防音室は、設置費用や材料費にプラスして技術代的な余計なお金が掛かってます。

一方、自作防音室なら材料を自分でチョイスして自分で組み立てるから格安でできます。

自作防音室の作り方の記事は、以下になります。

余談ですが、頭だけ防音対策をする場合、もっと安く済みます。

自作防音室は簡単に出来る

DIYができないと自作防音室なんて作れないのでは?と思われるかもしれません。

確かに、ドライバーを使ってネジを閉めれないレベルの人にはお勧めできません。

しかし、3段ボックスを作れる程度のレベルで自作防音室は作れます。

実際に、僕自信、別にDIYが得意な方ではありません。

こんな僕でも3日もあれば自作防音室は完成しました。

自作防音室ができるまでの過程をまとめた記事があるので参考にしてみてください^^

値段は防音室の1/10程度

本格的な防音室の値段は大体60万円程度です。

一方、自作防音室なら6万円もあればめちゃくちゃレベルの高い防音環境が手に入ります。

ちなみに、僕が作った自作防音室は約3万円で出来ました。

なぜこんなに安いのか?というと、先ほどご説明した通り、自分で安い材料を選んで自分で作ったからです。

もし、防音室を買うのは難しいけど、家で手軽に防音対策をしたい場合、自作防音室を検討してみましょう。

防音室を自作する方法とは

防音室を自作する方法は、こちらの記事で解説しています。

ただ、何から始めればいいかわからないなら、まず防音の基礎知識などを学んでから自作防音室を作るか決めても良いです。

なぜなら、よくわからず勢いで適当に作っても望んでる防音性能が出せない可能性があるからです。

僕も、自作防音室を作る際にはいろんな方のブログを参考にさせていただきました。

このブログでも、僕が学んできた防音の基礎知識や、自作防音室の作り方を1記事にまとめました。

こちらの記事を読んでみて、自作防音室を検討してみてください。

まとめ:防音室の値段を下げるなら自作防音室

今回は

・「防音室の値段の目安を知りたい」
・「安く手に入れたり値段を下げる方法はある?」

という悩みにお答えしました。

前半では防音室の値段は高い理由について語りました。

防音室の値段
一応、レンタルもあります
簡易防音室について

という内容でしたね。

そして後半では格安で出来る自作防音室を解説しました。

自作防音室は簡単に出来る
値段は防音室の1/10程度
防音室を自作する方法とは

という内容でした。

以上、防音室の値段は高い!約3万円で格安で出来る自作防音室とは?でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました