初心者向けアコギコース
🗒Udemy、NEWコース✨

「アコギの今すぐ使える●●個のテクニックまとめ+TikTokで流行った魔法の●他、名曲で使われる弾き方等豊富な具体例あり」

詳細はこちら

①マーケティング

マーケティング

こんにちは、akiraです^^

「音楽とマーケティングってどう関係あるの?」

・「そもそも、マーケティングって何?」
・「自分は趣味なんでマーケティングなんて関係ないでしょ?」

という疑問はありませんか?

この記事では実は、音楽活動をするなら必須のマーケティングスキルを、理由なども含めて音楽歴20年以上の著者が解説します。

具体的には

・音楽マーケティングとは?
・音楽もビジネスも考え方は似てる(同じ)
・
まとめ:音楽を広めたい=マーケティングを学ぼう!

の順番にご紹介していきます。

2分くらいで読めて、音楽マーケティングについての知識が劇的に改善される可能性が高いので、まずはご一読を!

音楽マーケティングとは?

このトピックは以下の通りです。

・マーケティングを一言で言うと
・音楽とマーケティングって関係あるの?
・音楽活動をするならマーケティングは必須の理由

ひとつひとつ解説します。

マーケティングを一言で言うと

マーケティングを一言で言うと、広げるらしいです。

マーケット(市場)ってありますよね?

その市場に対して、仕掛けることをマーケティングと言います。

・・・

・・

は?w

ですよね。

僕も、上記の説明を最初聞いた時は???が浮かびました。

要は、本来マーケティングってビジネスで使われる用語です。

でも、音楽でもマーケティングの知識があるに越したことはない、というか必須のレベルです。

それについては、次で説明しますね。

音楽とマーケティングって関係あるの?

音楽とマーケティング、一見すると関係なくね?と思われるかもですが、結論関係ありすぎます。

理由は、マーケティングって広げる(広める)ことでしたよね。

「俺は、自分一人のために曲を作って、自分に聞かせて自分が感動できたらええんや」

なんて人、恐らく限りなくゼロだと思います。

・音楽に感動して
・音楽に助けられ・音楽にハマった

だから、音楽活動をして、少しでも自分の歌や世界観に共感してほしい。

こう思うのが、普通ですよね。

あなたの存在(音楽活動)を広めるには、マーケティングはやっぱり必須です。

音楽活動をするならマーケティングは必須の理由

と言うことで、ネタバレしてますが音楽活動をするならマーケティングは必須です。

・いい曲さえ作ってたらいつか売れる。

確かにそうかもしれませんね。

でも、世界中を感動させられるメロディができても、それを知ってもらわなければ存在しないのと同じです。

と言うことは、知ってもらうための手段が必要。

幸い、僕らが生きてる現代ではインターネットがあります。

SNSもあります。

昔のように、音楽活動=路上ライブかライブハウス

だけでなく、TikTokやYouTubeなど、いろんな媒体があります。

そこで、自分を知ってもらう活動=マーケティングなんですね。

音楽もビジネスも考え方は似てる(同じ)

このトピックは以下の通りです。

・音楽とビジネスが似てる理由
・戦略を立てて、戦術(実行)をする流れ

ひとつひとつ解説します。

・音楽とビジネスが似てる理由

音楽とビジネスは似てる、というか個人的には同じだと思ってます。

なぜなら、音楽もビジネスも結果よりたくさんの人に価値を提供する行為だから。

具体的には、

・とあるサービス(商品)を思いついて、もっとたくさんの人に知ってほしい!
・めっちゃいい曲できたから俺の曲聴いてほしい!

前者は、ビジネスをやってる人の望みで、後者はミュージシャンの望みです。

両者ともに「もっとたくさんの人に知ってほしい」と言う願いは同じ。

事業を展開してる経営者は、会社を大きくしたり、売上を伸ばすために経営戦略やマーケティングを学びます。

一方、音楽活動をしてるひとでマーケティングについて詳しい人の方が少ないのではないでしょうか。

最近だと、ビジネス系YouTuberとかで学んでるミュージシャンも増えつつあるものの、希少な存在です。

と言うことは、ちょっとビジネス(マーケティング)をの勉強をするだけで、周りのミュージシャンと差がつきまくって、実際に音楽活動が有利に働きます。

・戦略を立てて、戦術(実行)をする流れ

ビジネスも音楽も、考え方は似てる(同じです)

と言う話はしましたが、より具体例として2つ例を挙げます。

1・曲作り
2・ライブの集客

それぞれ軽く解説します。

1・曲作り

→曲を作る時って、決め事がありますよね?

・バラードか?ロック?ポップス?
・歌詞が先?歌が先?・Aメロ、Bメロ、サビの鉄板の進行?それとも・・・

こんな風に、曲を作る際に決めることがあると思います。

これを【戦略】と呼びましょう。

もう少し踏み込むと

・“売れる”コード進行を使ってみよう
・ストーリーにしてみよう

みたいなことです。

それ(戦略)が決まったらいよいよ戦術(実行)ですね。

つまり、曲作りスタートです。

家を建てるときは、設計図やイメージから先に組み立てて、ようやく資材集めや作業をします。

これと同じように、戦略を立てて、戦術(実行)をする流れで曲作りも進めた方がスムーズです。

2・ライブの集客

ライブ集客を考えるときも、戦略を立てて、戦術(実行)をする流れは同じです。

よくありがちなのは、とにかく身内でも薄い関係性の友達でも声をかけまくる例。

しかし、戦略から組み立てるとこんな考えに至ります。

・そもそも、俺の音楽ジャンルは求められてるのか?
・俺のお客は普段、どんなアーティストを好んでるのか?・ライブハウスに出る以外の集客方法は?

などなど。

もし、これらの戦略から見直す必要があれば、認めたくないかもですが、受け止めてもほしいです。

と言うのも、間違った戦略のまま突っ走るより、いったん立ち止まって軌道修正した方が上手くいくパターンが多いからです。

これはビジネスでも同じと言われています。

・・・

ちょっと暗め(重め)の話にはなりましたが、音楽とビジネスは似てませんか?

まとめ:音楽を広めたい=マーケティングを学ぼう!

本記事を一言でまとめると「音楽を広めたい=マーケティングを学ぼう!」です。

ビジネスの伸ばし方、音楽の伸ばし方は共通点だらけ。

ミュージシャン出身の社長が多いのも頷けます。

音楽活動を広めるために宣伝や広報活動をしているその行為もビジネスです。

僕の経験をこのブログを通じて伝えられて、読んでくださるのが幸せです。

あなたの音楽活動の悩み解決に繋がりますように☆

タイトルとURLをコピーしました