自己紹介

ギターが上手くならない3つの原因と対策【結論: 耳を鍛えましょう】

ギター下手3つの原因 楽器

「全然ギターがうまくならないんですけど・・・」

・「ギターが上手くならない理由が知りたい」
・「ギターが上手くなる具体的な方法はある?」

という疑問をお持ちではありませんか?

こんにちは、akiraです^^

この記事ではギターがなかなか上手くならないというお悩みを、音学歴・ギター歴20年以上の観点から解決します。(プロフィールはこちら

具体的には

ギターが上手くならない3つの理由
ギターが上手くなる方法3選
まとめ:ギターが上手くなるには耳を鍛えたり曲の捉え方を変えよう

の順番にご紹介していきます。

2分くらいで読めて、ギターが上手くならない原因が劇的に改善される可能性が高いので、まずはご一読を!

ギターが上手くならない3つの理由

ギター
ギターが上手くならない理由についてまとめました。

・全体像を把握してない
・次の行動の予測をしていない
・難しいコードを避けている

ひとつひとつ解説します。

全体像を把握してない

ギターがうまくなるためには曲の全体像を把握しましょう。

理由は、コードを弾いていて今どこを弾いてるのか見失わないためです。

例えば、コード進行だけ弾いてると今自分がどこを弾いてるのかわからなくなることがあると思います。

全体像を把握してから弾くだけでも随分と客観的に曲が理解できます。

次の行動の予測をしていない

次のコードを予測することで全体像の把握にも繋がります。

こうだろうと言う感覚でオッケー。

理由は、代用コードみたいな考え方もあるから。

具体的には、CだったらAmとかFはDmあたりが似てると言われてます。

他にも、次に行きたいコード(ドミナント)といって、例えば、C→F→Cと言うコードだと、真ん中のFが聞こえた瞬間、Cに戻りたくコードなどもあります。

こういった次のコードの予測をしながら演奏することでギターが上手くなります。

難しいコードを避けている

ギターが上手くならない理由に難しいことを避けていると言うものがあります。

なぜ難しい行動を避けていると上手くならないかと言うと、定番コードに必ず出てきたりするからです。

例えばEmの下降形だったり、add9系のコード進行があります。

こういったあまりに耳なじみのない行動が出てくるとつい避けたくなりますよね。

でも、この定番コードも実はパターンがあるので覚えちゃいましょう。

【楽譜が読めなくても大丈夫】アコギ歴20年以上のプロが教える、POPSに必須の「定番コード」を徹底的に解説するコース

ギターが上手くなる方法3選

パワー
ギターが上手くなる方法についてまとめました。

・パターン(定番コード)を知る
・全体特にドラムの音を意識する
・音符を意識しすぎない

ひとつひとつ解説します。

パターン(定番コード)を知る

ギターが上手くなるためにはまずは定番コードを知りましょう。

理由はJ-Popは特に定番のコードが決まっていたりします。

例えばカノン進行が有名です。

具体的にはスピッツさんの空も飛べるはずやUtada HikaruさんのFirst Loveあたりに使われてます。

定番コードはなんとなく理解してるけど、演奏がぎこちないんですと言う方は次のところを意識してみてください。

まずは、ギターが上手くなるためには定番コードを抑えましょう。

アコギ初心者さんが躓きやすいポイントや定番コードのカノン進行などが学べるコースは以下になります。

全体特にドラムの音を意識する

ドラム

ギターが上手くなるためには音全体特にドラムの音(リズム)を意識しましょう。

理由はドラムはリズムを作り出すとても重要な楽器だからです。

例えば、定番のエイトビートと言うビート1つとっても、リズム通りに弾くのか、もしくは音をもたらしてゆったりと弾くのかなどいろんな違いがあります。

基本的には1・“2”・3・“4”あたりを意識されるとリズムにメリハリがつきます。

ストロークは肘からではなく、手首のスナップをきかせましょう。

「言ってることはわかりますがどうしてもストロークが硬くなります」と言う人は次のことを試してください。

音符を意識しすぎない

音符はあくまで音を可視化するためのものです。

しかし、グループとかは音符で表せないので裏ノリだったりギター1本でどれだけ音に厚みを持たせられるかがポイントだと思います。

例えば、逆に音符を意識するあまりストロークが硬くなってしまう人がいます。

自分のストロークは人に比べて難いなと思う場合は、いちど楽譜通りに引くと言うのをやめてみましょう。

それよりもグルーブだったり柔らかさを意識しましょう。

グルーブを養うためにオススメなのは洋楽を聴くことです。

特にブラックミュージック(R&Bなど)のジャンルは楽譜では表せない繊細なリズムがたくさん使われています。

ジャズなんかもお勧めです。

自分の演奏が何か固いなと思うときにはこういったジャンルを聞いてリズム感を養いましょう。

まとめ:ギターが上手くなるには耳を鍛えたり曲の捉え方を変えよう

今回は

・「ギターが上手くならない理由が知りたい」
・「ギターが上手くなる具体的な方法はある?」

という悩みにお答えしました。

前半ではギターが上手くならない3つの理由について語りました。

・全体像を把握してない
・次の行動の予測をしていない
・難しいコードを避けている

という内容でしたね。

そして後半ではギターが上手くなる方法3選を解説しました。

・パターン(定番コード)を知る
・全体特にドラムの音を意識する
・音符を意識しすぎない

という内容でした。

以上、ギターが上手くならない3つの原因と対策【結論: 耳を鍛えましょう】でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました